「簿記の試験」と、ひと口にいっても、実は種類があります。

・日商簿記
日本商工会議所が主催する試験です。1級から4級まであります。
主催団体を見てもわかりますが、実務的な側面が強い資格だといえます。
・全商簿記
財団法人全国商業高等学校協会が主催する試験です。1級から3級までしかありません。
つまり高校生を対象とした試験という解釈をしても、ほぼ差し支えありません。
・全経簿記
全国経理教育協会が主催する試験です。
1級から4級まであるほか、1級の上にさらに「上級」があり点がユニークです。
主催団体を見てもわかりますが、実務的な側面が強い資格だといえます。

このように簿記試験の種類を眺めていくと、
全商簿記は実務的・実用的な資格だとは呼びづらいことはすぐわかりますね。
実際に全商簿記は、かなり難易度が低く、世間で評価されにくい面があることは否定できません。
しかし日商簿記と全経簿記の違いはどうでしょうか? 

簿記の資格は、経理関係の業務で重視されることが多いです。
それを思うと、全経簿記は価値がありそうに見えてきますが……現実は違います。
だいぶ前から「簿記」と書いたら、ほとんどの場合日商簿記を意味する目的で使われています。
残念ながら、全経簿記は世間での知名度もインパクトもかなり制限されてしまいます
したがって、簿記を受けるなら、日商簿記を受けることにするのがいちばん無難でしょう。

全経簿記の場合、日商簿記のひとつ上の級と同じくらいの水準・評価だと
思ってもいいかもしれません
(たとえば、日商簿記2級は全経簿記の3級に近い水準だということです)。


>>口コミNo.1の通信講座で簿記試験を突破!