勉強時間はどれくらい必要? どう時間をつくったらいい? 

勉強方法

勉強時間について解説

簿記2級試験を受けるかどうか検討しはじめた人たちは、「合格までに必要な勉強時間がどれくらいなのか」その点を気にし出すことが多いですね。

確かに、進路に悩んでいる人たちは時間に追われていることがほとんどです。

「簿記2級の勉強時間が長くかかりすぎるようなら、あきらめて他の進路を探りたい」と思うのが多くの人たちの本音でしょうか。

スケジュールの立て方

肝心の簿記2級の勉強時間ですが、不特定多数の受験者にすすめられる勉強時間は「150~200時間」くらいの数値が想定されていることが多いです(学校や通信講座の世界のデータです)。

平均して180時間くらいになるでしょうか。

これはたとえば、1日に1時間だけやるとしても、月に30時間、半年で180時間となり、まさにぴったりの総数になりますね。

実際には「1日にもっと勉強時間をとれる」という人が多いですから、3~4ヶ月くらいでも合格はじゅうぶんに狙えるということになります。

たとえば平日に2時間、土日に3時間のペースなら、月に60時間を超えますから、3ヶ月で180時間に到達できます。

このように、簿記2級では試験日までの残りの日数に合わせて、1日の勉強時間を調整することもそんなに難しくはありません。

がんばれば3~4か月くらいで、1発合格も夢ではないわけです。

忙しくても合格する秘訣は?

とはいえ。勉強時間については、「忙しいので、できそうにない」とあきらめ気味になる人も絶えないようです。

仕事や家事、さらに人によっては育児や介護、看護を毎日しないといけませんね。学生だったら学業も優先しないといけません。

忙しいと頭も身体も消耗しますし「試験勉強なんて……」とつい絶望的な心境になるかもしれません。

しかし、合格者も同様に忙しかった人たちが大多数です。どうしていたのでしょうか?

夜に帰宅してから勉強するのではなく、早朝に勉強する

早起きに苦手意識がある人には考えられないかもしれません。しかしある程度繰り返していると身体が適応しますし、意外と楽にできるものです。

特に早朝は、頭も身体も回復していますから、夜やるよりはだいぶはかどります。また、帰宅する時間が遅くなってしまうことも人によっては多く、帰宅後の勉強は長続きしにくいものがあります。

外出中も教材を持参して、暇を見つけて勉強する

一部の学校や通信講座が出しているような、持ち歩きやすい教材を使うと、出先での勉強もわりと簡単にできます。

電車やバスで通勤・通学するなら、その時間を勉強に使うことも可能ですね。また休憩時間や、ちょっとした空き時間を利用することもできるでしょう。

こうした時間を積み重ねていくと、数十分から1時間くらいの勉強時間に(いつの間にか!)なります……合格者の大半は、このような「塵も積もれば~」のような勉強を経験しています。

タイトルとURLをコピーしました