簿記2級に受かる勉強法を知りたいなら、まずは通信講座を考えてみるのがおすすめですが、
評判がいい通信もいくつもありますね。代表的な講座に数点注目しましょう。

大原といえば、現在では「資格の大原」として知られている超有名スクールですね。
しかしある時期までは「大原」といえば「大原簿記校」として有名だった時代がありました。
大原に簿記の実績が途方もないくらいあることは事実で、
日商簿記のほか全経簿記についても大きなスケールで講座を展開しています。

・カリキュラムの特徴
大原の簿記講座には専任の常勤講師が何人もいるといわれており、
何年も簿記2級試験の研究と指導を続けているベテランスタッフが
教材やカリキュラムの作成に参加しています。
カリキュラムの骨組みは、基礎的な講義→問題演習→総まとめ~、と
特にユニークな部分があるわけではありませんが、
試験のささいな変化にも敏速に対応していると常に豪語しており、自信のほどがうかがえます。

・テキスト
図解やイラストの挿入や重要語句のボールド強調、範例や練習問題の提示といったスタイルを
強く打ち出しており、初心者でもじゅうぶん読み続けていける内容です。
ただカラーの利用といった点では二色刷りとあまり差がなく
白黒以外の色は使ってあっても、同系統の色が多少使用される程度のようです)、
ものすごく見やすいというほどではありません。

・メディア教材
音声型教材(CD、ダウンロードによるデータ配布)および映像型教材(DVD、Web動画)と
種類は多彩ですね。
もっとも映像型については、教壇の講義風景を機械的に処理しただけの場合になるか、
デジタル技術を盛り込んだ解説が登場する濃いものになるか、
受講前にはっきりしないという弱点もあります。

・Web系サポート
質問は独自のシステムでできるほか、電話やFAX、郵送でも可能です。
また悩み相談等は電話でも受け付けてくれる可能性があります。

・現在の主な講座名と費用
「2級フルセット」66800~70900円
「3級・2級W合格フルセット」74000~79200円
「3級から学ぶ2級フルセット」69900~74000円
※上記の金額についてですが、メディア教材がまったくないコースは除外しています。
※条件を満たせば、教育ローンを使えます。


>>口コミNo.1の通信講座で簿記試験を突破!