簿記2級に合格したいなら、どんな問題が出されているのかよく知らないといけません。
もちろん問題は毎回変わりますが、毎回変わらない共通点もまたけっこうあるものなのです。
毎回、「大問題」が5問出されますから、
受験勉強もそれを踏まえてやっていくことになりますね。

第1問
必ず仕訳問題が(5題)出題されます。
「仕訳を正確に、すばやく切れるかどうか」で、第1問を解けるかどうかが
決まってしまう
といってもいいでしょう。とはいえ仕訳は、残りの問題にも影響が大きいです。
仕訳問題については、念入りに対策しておかないといけません。

第2問
帳簿組織にまつわる問題が出るのが通例でした。「特殊仕訳帳」と「伝票会計」の2種類が
かわるがわる出されるという慣例ができています。
特に伝票会計は似通った問題がよく出される傾向があるのですが、
この数年はその2種類とは違った問題も出されることが目立ってきました。

簿記2級の受験者は特殊仕訳帳と伝票会計はもちろんですが、
その他の問題が出てもうろたえずに解答できるようにしておく必要があります
(最新の受験対策を受けることが望ましいです)。

第3問
「精算表の作成」や「本支店会計」、そして「財務諸表の作成」といった内容が出題の大部分で、
これらをよく対策しておくことが望まれます。
これらの問題も仕訳と同様によく練習を積んで、
要領よく解けるようになっておくことが大切です。

第4問
帳簿記入にまつわる問題が出題の中心です。
「費目別計算」「個別原価計算」「工場会計の独立」……といった問題が多かったのですが、
ここも最近は少しずつ傾向が変わっており、柔軟な対策をできればしておきたいところ。
それぞれの工業簿記の計算方法の違いを整理するだけでも最初のうちは苦労しますが、
とにかくヤマを超えて早めに適応することが大切です。

第5問
原価計算の問題が出るところですが……ここはかなり問題の幅が広く、
さまざまな原価計算の違いをマスターしておかないと
うまく解答できない可能性がある場所です。
「総合原価計算」「標準原価計算」「直接原価計算」「単純総合原価計算」
……あたりが、比較的顕著
な出題内容でしょうか。
簿記2級の過去問をよく解いて適応しておくことが特に求められるところでもありますね。


>>口コミNo.1の通信講座で簿記試験を突破!