簿記2級の資格試験は、年に3度あります。
それを思うと、1年の三分の一、できれば4ヶ月以内の勉強期間で合格できればいいのに~、
と思う人も多いですね。
ある意味で短期決戦型ともいえる、簿記2級の勉強法を探るなら、
その期間にお誂え向きの方法、なおかつその期間でも費用対効果がしっかりと出る方法を
選びたいもの。そうなると答えは、実は「通信講座」の利用が妥当ということになります。

通信講座は、独学に比べればもちろん費用は高くつきます。
しかし通学ほどの費用はかかりません。通学講座と比べて半分くらいの費用で
間に合ってしまうパターンもある
ほどです(講座によって違います。
どの通信講座でも通学講座よりだいぶ安いとは限りません)。

そのわりに費用以外の面では、独学のメリットがそのまま残りますね……
勉強時間や勉強場所は好きなように決められます
それなのに、通学して学ぶ場合と同じく、教材やカリキュラムは面倒を見てもらえますし、
指導も(教材を通してであって、顔を突き合わせながらではありませんが)受けられるわけです。
それに、今ではWebをはじめとしたサポートが発達しており、
質問や相談をすることもできます
し、情報やアドバイスをもらうことも随時できます。

通信講座も業者が増えており、格差の開きが顕著になっているようです。
しかしそれは、裏を返せば「進化・進歩が急激である」ということでもあります。
実際に先見性のある通信講座業者は、
最新の技術を導入して使いやすい教材を逐次発行しています。
そうした業者は収益を上げていますから、経験豊かな講師や人材を雇う余裕もあって、
簿記2級の指導の世界では日本の最先端を走っている
ような兆候でいっぱいのようですね。

こちらのページで独学について、こちらのページで通学について説明しています。


>>口コミNo.1の通信講座で簿記試験を突破!