簿記2級の通信講座を使う上で、費用や価格の問題を気にする意見もあるようです。
確かに通信講座を使うと、独学よりも費用がかかる傾向は強いですね。
それに、学生やフリーター、第二新卒や失業者ともなると、
手元にあまりお金がないというケースがあることは否定できません。

とはいえ、通信講座の費用も会社によってけっこうな差があります。
高くない講座を選べばコストは抑え目にできます。

※ここで肝心なことは、「安い通信講座=中身のよくない通信講座」ではないということです。
安くてもわかりやすくて勉強しやすい通信講座を選べばいいわけですね。

それに最初にまとめて全額を払う必要があるとは限りません。
払いやすい講座を選べばいいのです。
以下のようなポイントで通信講座を比較していけば、
手元の予算が乏しくても申し込みやすい講座を見つけることができます。

・通学講座もやっている業者か、通信専門の業者か
通学講座も通信講座もやっている業者の場合、通学講座と通信講座の価格は
あまり変わらない
という特徴があります。
通学講座はあまり安いものではありませんから、
気になるなら通学・通信併設の業者は避けるという手もあります。

なお、簿記2級の場合、通学・通信併設等の事情で高めになる場合は、
5万円を超えることが多い
ようです。
逆に通信のみの業者で安目の場合なら、キャンペーンも何もなしでも
3万円台くらいで間に合うことがあります

・キャンペーンがあるかどうか
キャンペーンに熱心な業者はたくさんあります
(いったん終了してもまた再開してくれるケースも多いようです)。

・教育訓練給付金制度があるか
ハローワークと提携して、「教育訓練給付金制度」を導入している業者もあります。
これは雇用保険をある程度払ってきた人が受けられる制度のため、
社会人経験がある人が対象となりますが、
受けられる場合は費用の大半を払ってもらえる可能性があります
(ただし、後払いとなる可能性がある点に注意)。

・分割払いが可能かどうか
1回の支払額を数千円程度にしてくれるケースがあります。
分割できる条件は業者によってバラバラのため、希望するならよく確かめる必要があります。
いずれにしても、一括払いをする必要がなければ、
預貯金等がない受験者でもだいぶ申し込みやすくなるのではないでしょうか。

※大事なことは「安さばかりにこだわって選ばないこと」です。
通信講座の費用や支払い方をチェックするときは、
教材の質やカリキュラム、受講者の評判等も忘れずにチェックしましょう。


>>口コミNo.1の通信講座で簿記試験を突破!